HOME (Mirror) > 日本語 > PAINFUL LESION > 肩が痛い(40歳以降) > 肩関節形成術

辻整形外科クリニック PAINFUL LESION

TSUJI ORTHOPAEDIC INSTITUTE

腱板を修復して、肩峰という骨の先の腱板と大結節にあたる骨の部分をなくすことによって、痛みをとり、運動機能を回復することができます。左のCTスキャンは肩峰形成術(acromioplasty)後に腱板の圧迫が解消した所見で、右の写真は腱板の広範囲断裂(massive tear)を腱板を一次的に縫合することによって修復した所見です。肩が前よりよく上がるようになり、上から下へ鋭く落ちるフォークを得意とする Giants のピッチャーになるまで回復した患者さんもいます。


BACK   NEXT